自律神経

自律神経つは、人間の末梢神経の一部であり、全ての内部臓器(心臓・肺・腎臓・腸・分泌腺等)をコントロールしています。 自律神経は、交感神経と副交感神経から成り互いにバランスを取りながら機能し身体全体を調節しています。 自律神経は生命を維持する大切な神経なのです。

生命を維持する重要な神経

自律神経とは、意識せず自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。
汗をかく・血液を流す・心臓を動かすといった身体の働きをコントロールしてくれます。

交感神経

緊張・興奮・ストレス時の神経

仕事や家事をするなど、活発に動く昼間に活性化。交感神経が上がると、血管は収縮し血圧は上昇、心拍はヒートアップ!
やる気がみなぎり、体がアクティブな状態になる。

副交感神経

休息・リラックスの神経

ゆっくり休む夜に活性化。副交感神経が上がると、血圧は下がり、血管が拡張。心拍もスピードが落ちてくる。余裕や安心の気分に満たされ、リラックス状態になる。